成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
アンテナの法則〜原理編-補足〜感じる力を鍛えるコツ
0
    アンテナの法則

    あなたが興味をわくと、その対象に対する
    周波数に合わせてアンテナが立ちます。

    たとえば、音楽とか、芸能人とか、仕事とかに対する興味などです。


    お年寄りに親切にしたとたん、お年寄りが身近に感じられたりするんです。
    世の中にあるかどうかという環境は関係なく
    アンテナにかかったものが、
    急に周りにあふれているのよう見えてくるんです。


    信号機の青はどこに付いてますか?
    100円玉の表は何がかかれていますか?

    わかる人は少ないですよね。
    見た回数でもなければ、身の回りにある量も関係ないんです。
    見ようとしたかどうかです。


      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    アンテナの法則〜プラス思考〜良いことを引きつける考え方のコツ
    0
      今回のテーマはプラス思考です。

      アンテナの法則と密接な関係があるんです。


      プラス思考晴れ、マイナス思考雷という言葉をよく聞かないですか?
      こんなの嘘だよ という人もいるし
      マイナス思考の人とはできるだけ一緒にいたくない、考えが移ってしまう
      という人もいますよね。

      続きを読む >>


        ranking 投票
      comments(0)| trackbacks(0)|
      発展の道の法則実践編〜ものまねはすべき!?
      0
        よく職人さんは オリジナルを出す前に
        物(スキル)を盗めって 言われますよね。


        これって実は理にかなっているんです。


        発展の道の法則で考えると
        素直な流れなんです。
        続きを読む >>


          ranking 投票
        comments(0)| trackbacks(0)|
        その4発展の道の法則〜記憶を深くするコツとは?
        0
          昔開け!ポンキッキーのアニメーションであった気がするんですけど

          最初何もない所に、
          鹿が何度も往復してけもの道になり
          それが、いろいろな動物や人が通り、少しずつ大きく道幅が広がり
          複雑な道路になっていくというもの

          続きを読む >>


            ranking 投票
          comments(0)| trackbacks(0)|
          その3一通の法則〜覚えておかなければならない脳の仕組み
          0
            ちなみに、一通(いっつう)とは一方通行の略で交通用語です。


            記憶も実は 一方方向なんです。

            (だって、反射やシナプスってそうでしょ?)

            脳ってなんでも通そうとして覚えられるんですけど
            思い出すきっかけが必要です。
            (前頭葉で取捨選択されるけど)


            つまり覚えるだけではだめで、思い出す練習もする必要があります。

            スポーツとかでも、理論だけではないですよね。
            見るだけじゃ生かせないですよね。


              ranking 投票
            comments(0)| trackbacks(0)|
            フックの法則実践編〜記憶法〜記憶法の原理を理解する
            0
              そのほかの記憶法も
              たいていフックの法則から派生した定理です。

              数字記憶法も歴史年号と同じです。

              ペグ記憶法も 体の一部を基礎とした物干しざおにみたて
              ひとつ目には頭、2つ目には首、、、、
              と順番を自分の覚えやすいようにセットしておきます。

              頭と覚えたい内容の1つ目をイメージします。
              同様に首と 覚えたい内容の二つ目をイメージします。

              こうして覚えることにより、
              順序を覚える必要がなくなり
              順序の混乱が無くなります。
              (体の順番などはすでに覚えてるのですから)

              応用例とし体の代わりに、駅まで道順や線路、よくいく部屋で覚えるパターンもあります。


                ranking 投票
              comments(0)| trackbacks(0)|
              フックの法則実践編〜歴史年号〜イメージやゴロが記憶しやすいわけとは?
              0
                よくある町中の記憶法も
                メインはフックの法則を利用した定理なんです。


                まず いわゆる年号記憶法
                これは
                年号というどこでも引っかかってしまうようなフックでは、
                1なのか4なのか判断できません。

                それで、

                数字の塊をセットに包み、なおかつ、イメージと歴史内容を結びつけます。
                それにより、歴史の内容から年号が思い出せるんです。






                  ranking 投票
                comments(0)| trackbacks(0)|
                フックの法則実践編〜ローラ作戦〜楽で効果のある覚え方
                0
                  初めての分野を勉強するときって、右も左もわからないですよね。


                  今回は、その時のフックの法則の活用イメージを説明します。


                  単純です。

                  ローラ作戦のようにコアを転がし、知識をごてごて付けます。
                  (まるで 「塊魂」のよう)

                  かってに理解できるところが引っかかり、
                  理解できないところは引っかかりません。

                  これを何回かいろいろな角度や繰り返していくと
                  知識の塊が大きくなってきます。


                  別名 雪だるま作戦です。



                    ranking 投票
                  comments(0)| trackbacks(0)|
                  フックの法則実践編〜勉強法〜覚えるコツの原理とは
                  0
                    フックの法則を勉強法に応用するとどうなるでしょうか?



                    まずコアとなる核のフックを探します。
                    (コアとは、たいてい、今まで経験したことや、知識です)

                    その次にその核にひっかかるあらたなる知識のフックを探し
                    コアの核に引っかけていきます。


                    今度はこの2つがコアとなり、新しい知識が獲得しやすくなります。
                    また、この二つのフックがないと引っかからないフックにも
                    これから対応できることになります。

                    これがずーっと続いていきます。


                    知識はこのように増えていきます。




                      ranking 投票
                    comments(0)| trackbacks(0)|
                    フックの法則実践編〜参考書〜簡単にできる参考書の使い方のコツ
                    0
                      参考書の勉強にはこのフックの法則を次のように活用します。

                      まず、参考書全体を眺めて既存の知識と結びつくところを探します。
                      (今のレベルで理解できるところを探すこととなります。)

                      そこから、理解できるところをつぎつぎ、フックに引っかけるように
                      知識を増やします。


                      ここでのポイントは、
                      続きを読む >>


                        ranking 投票
                      comments(0)| trackbacks(0)|
                      << 4 >> (全:5 )
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      最新記事
                      月別アーカイブ

                      かってにリンク
                      役立つ仕事術
                      あの世に聞いた、この世の仕組み
                      ふじながたかみの日本御臨終宣言
                      Art Of Awareness
                      クリシュナムルティ
                      堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
                      分裂勘違い君劇場


                      このページの先頭へ