成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
楽しく学んで欲しい!!〜深みがあり、器の大きい人間になるための学ぶポイント >>< | TOPページ | ><< 食品の滞留時間はどれくらい?〜滞胃時間〜ロハスでリッチに♪
論理力を鍛えてみる!〜ビジネススキル
0
    論理力という物をぜひ、大多数の人に身につけてもらいたいです。

    論理力の大事さ



    論理力があれば、問題解決力が身につきます。

    問題解決力があれば、客観的に状況を把握でき、目的に対するアプローチや目的に向かうために有用です。

    仕事でも、自立型の人間が求められています。単なるタスクをこなす人間はゴマンと居ますが、自ら考え行動し、他人とコミュニケーションする人材は少ないです。そういう能力には論理力が重要だと考えます。


    論理力がなければ、もし今、危険な状態に置かれている(幻想かだまされているか)どうかを判断することが出来ませんし、抜け出す方法さえも見当が付きません。

    論理力がもしなければ、危険な現状にはまったままになります。
    例えば、

    簡単に詐欺にひっかかったり、だまされやすくなったり、

    また、健康や環境(代替エネルギー)などが本当に正しいかをきづけなかったり、

    情報操作や洗脳操作されていることも気づけなかったり

    間違った教育や、変な?宗教にのめり込んだり

    とまぁ危ない状況に陥りやすくなります。

    鍛え方



    論理の基礎はなんといっても国語力です。
    英語に比べて日本語は論理面が弱いところがありますが、国語を通じて鍛えることは可能です。

    国語力を鍛えるには、以下の3つがキーポイントとなります。
    ・読解力
    ・書く力
    ・読書

    構造的に読み書きする点と大量に文を INPUTすることを
    継続的にチャレンジしてみてください。


    応用編として


    鍛えるための 考えるツールとしては
    論理マトリックスがお薦めです。

    どういうものかというと
    例えばある事柄をひらめいたとします。

    その事柄の反対意見を5つあげます。
    次にその反対意見それぞれに対して反論をします。
    もう1段階反論をして、 5 x 5 x 5の125パターン考えます。

    ※まぁ きっちり 5つでなくとも良いですし、順番や反論の回数の深さも自由に指定いいと思います。



    こういうことは 実は実世界で良く行われています。
    ディベートだったり、心理的療法だったりです。

    アイデアをこの方法で事前に考えておくと理論がより強固になったり、事前にリスクを取り除くことが出来ます。その副作用としても、自信を持って説明できるようになります。

    将棋などのゲームもそうですね。こちらの攻撃に対して相手はどう対応するのかというのをあらかじめ考える点が近いと思います。


    心理療法としてけんかしている自分と相手の立場に交互に立って考えてみるように使うと、客観的に相手の立場が良く理解でき、
    夫婦で争いが絶えない場合などに効果があるそうです。
    (個人的にも効果があると思う)

    ちなにみ客観的に考えるのであれば、哲学がお薦めです。
    玉石混合ですが、個人的におもしろかったと感じたのは
    ソフィーの世界です。最近はソフトカバーの本も出たので
    読んでみてはどうでしょう。





    次にお薦めなのが


    メモで整理しておくことです。
    頭の中で発散したアイデアを整理し、
    人に使えるときにわかりやすく、論理的に伝える事に役立ちます。

    ここで マインドマップの方法が使えます。
    マインドマップ自体の説明の詳細は省きますが
    流れやつながりを図示できて、脳科学的にも理解や整理がしやすいと思います。



    メリット


    論理力を鍛えると先ほどの危険を回避できるようになってくるということの他に、以下の力が付いてきます。
    ・段取り力
    ・計画性、スケジュール
    ・捨てる技術(取捨選択)


    余談

    日本語は論理的な部分が弱く、過去の歴史上の人物もいろいろ対策をしています。

    例えば、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などは、キリスト教の強い理論(特に一神教)から防ぐため、日本国内を保護するおふれを出しています。

    また、同様に 森有礼や志賀直哉らは、日本語で考えていたのでは論理的に考えられず西洋に飲み込まれてしまうという危惧から、何か他の言語(あくまで例として)を挙げています。


    論理的な面が全原因というわけではありませんが、
    一因としてそういうことも加味されていたと思います。

    PR

    論理力に関する本はこちら



      ranking 投票
    comments(2)| trackbacks(0)|
    コメント
    はじめまして、論理力・国語力について検索していたら
    こちらにたどり着きました。

    最近、ひどく自分にはこの国語力というものが劣っていると
    気付きまして、何とか鍛えていきたいと方法を探している時にこちらと出会いました。

    はっきり言っていい大人です。
    だけど、このままではいたくない気持ちなのです。
    こちらに書いてありました鍛え方を参考に自分のものにしていくよう努力したいと思います。

    何かここからは良いものを吸収できそうなのでまた、お邪魔させていただきます。
    | みぃ | 2012/10/22 5:21 PM |

    何かインスピレーションがあったようでうれしいです。私も成長したいので、お互い進んでいきましょう。
    | 管理人 | 2013/08/10 9:57 PM |

    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/948027
    トラックバック
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ