成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
貯金のうち 運用に回して良い割合とは >>< | TOPページ | ><< リスクとリターンをイメージする〜信用リスク
ローンの計算に強くなる
0
    普通の人はカーローンや住宅ローン、学資ローンがメインになると思います。
    (日歩のローンは計算上同じなのでここでは考慮しない)

    ファイナンシャルインテリジェンスに強くなるには
    この計算ができたり、イメージがわくようにしておいた方がいいです。

    面倒な部分はありますが、
    ファイナンスの基礎と言っても過言ではないと思います。


    パターン1
    3% 36回払いだとしたら 4.5%の利子が付きますので
    100万円を借りて 4.5万円ほどが利子になります。

    カーローンを借りずに銀行(0.1%)に預けていれば
    3%+0.1%の金利差があるようなものです。


    3年待って買うと 4.5万円が浮きます。
    ただその期間のレンタル代を考えると微妙ですね。




    パターン2
    1000万円を 7%で借りて 毎月 12万ぐらいづつ返すと
    368万ぐらいが利息になります。

    これはでかい!

    計画を持って先に1000万を預金していれば
    払わなくて済んだものです。

    しかも再度10年経ったときは
    1000万円が溜まり 余計な368万はかからず
    1368万円 x 10年分の銀行利子がつくことを考えると
    本当に大きい差です。

    1000万円貯められなかったばっかりに
    1368万以上の貯金差が出ることになります。


    いずれ払うのであれば、計画を持って貯金を早めにしておくことがいかに重要で貯金に影響あるかわかりますね。


    パターン3
    良くある住宅の40年ローンを考えてみました。
    頭金支払い後 4000万円を 4%で 15万ずつ払うと
    利子が 3100万円になります。

    ボーナス払いなどで もっと減るとは思いますが
    40年で 3000万円も余計に価値を払っていることになります。
    木造だったら価値は0に等しいですし
    固定資産税や管理費・リフォーム代等払っていることを考えると いくら住宅減税があるといっても厳しいですね。


    築40年のリフォームもされていない
    マンションはどれだけ高値で売れるだろうか。。。

    3000万円あれば 7,8万の家賃の家に30年以上は住めますね。(その30年の間、3000万円の銀行利子も考えると多少は伸びるかもしれません)



      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    コメント
    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/396363
    トラックバック
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ