成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
うつわの法則(2)〜目の前の障害〜障害との向き合い方 >>< | TOPページ | ><< 数字を活用する〜理系のためのビジネススキル
うつわの法則〜この世のシンプルな仕組み
0
    うつわって、

    ものが入れられて、いっぱいになるともうそれ以上入らない。
    あの器です。

    少しだけ入れても良いし、
    器を大きくしても良い。

    形もいろいろあります。


    世の中も基本は器の法則で考えることができます。
    たとえばわかりやすい例から話を進めていくと
    大きなカバンにはたくさん入るし
    大きな部屋にはものがいっぱい入る。



    物理的な話だけではなく、
    もっといろいろなことにあてはまります。

    小さな仕事をこなせばこなすほど
    器が大きくなり、大きな仕事が入るようになります。

    小さな仕事さえはいらないところには、
    本人でも他人でも、大きい仕事を入れようとは思いません。

    だから忙しい人には、仕事が集まるんですね。
    まだ器に入るから。。

    暇な人には、一見できそうだけれども、
    器が一杯で実際に入りません。



    そのほか、人格も同じです。

    苦労に耐えられるうつわのある人が、苦労を引き受けられるんです。
    耐えようとすればするほど、器が大きくなり、
    器に入ってくる苦労も大きくなります。

    器に入りきらなく、
    自分でコントロールできないと拒否します。
    または、器から(仕事など)こぼれます。


    さらに、お財布や貯金もその法則が当てはまります。
    勉強とかの知識も入る余地を作っておかないと、こぼれ落ちます。

    宝くじや芸能活動で当たったひとが、
    とたんに以前よりも低い水準まで生活レベルが下がるのは
    お金に対する その人の器がなかったのかもしれません。


    今は
    今の自分にあった大きさを選ぶことが大事です。
    似合わない服をブランドや金額で考えてると、
    器に似つかわしくないですし、

    食べ過ぎたりすれば、器にヒビがはいって
    おなかが壊れるかもしれません。



    今ではなく、これからの未来という観点では
    どれほど大きい器を持ちたいかと考えることが重要です。

    「もっと!」と思う前に、
    器に入りきるかの判断をしたり、
    器を大きくすることを考えてはどうでしょう。

    類似コンテンツ
    うつわの法則(2)〜目の前の障害
    うつわの法則(3)〜捨てる技術
    作用と反作用の法則を知って活用する!
    原因と結果の法則


      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    コメント
    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/366035
    トラックバック
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ