成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
作用と反作用(トータル0) >>< | TOPページ | ><< 原因と結果の法則
作用と反作用の法則を知って活用する!
0
    物理の教科書で スケボーに乗った人が
    壁を押しているような絵を見たことありませんか?

    ばねが右と左から同じ重さのおもりで引っ張られている絵を見たことありませんか?


    前者は人が壁を押した力と同じ力が生まれ、その分自分が動くんです。
    後者も同じでばねのどこの箇所も同じ力で左右に引っ張られているんです。


    ここで、つりあっていることとトータル0が重要です。
    つりあっているということは、自分が押せば同じ力が自分に力がかかるんです。張り合って状態が変化しないということは、押している力と同じ力が返ってきてるんです。

    自分が正しいと証明すればするほど
    同じ力で他人が反対の方向で正しい状態になるんです。

    人によっかかれば、その分同じ力で相手もよっかかっているんです。

    あなたは腕力で押しますか?優しさで押しますか?

    「情けは人のためならず」って、
    この物理の法則からあってそうな気がしませんか?


    さらにもう一歩深く考えると

    合気道のように相手に合わせず避ければ、
    反対の力が発生しないので、力が出せないんです。
    よっかかる先がなければ、よっかかれないんですね。

    紙にどんなに強い力で殴っても紙で支えられる以上の力では反発しません。

    相手に合わせるとどうなるか、避けるとどうなるか
    なにか、結果が見えてきそうです。

    類似コンテンツ
    一元論・二元論〜対極にある物も感じるセンス
    原因と結果の法則
    うつわの法則〜この世のシンプルな仕組み


      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    コメント
    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/324873
    トラックバック
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ