成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
原因と結果の法則 >>< | TOPページ | ><< 人工と自然は反対の要素ではないわけ
時間という軸は何か?
0
    んと、みなさんは、この世の中で光がない状態は想像できますか?

    温度がない状態はどうですか?

    じゃあ音がない場合は?


    まあこれらは、なんとなく想像できますよね。



    じゃあ今度は、時間がない状態って想像できますか?
    全てが今であり未来でもあるけど、時間という感覚がない状態。
    すべての過去から未来の歴史が今この瞬間にある状態です。


    または、場所が無い状態はどうでしょう?
    すべての場所が同じ場所にありなおかつあっちこっちにあるような。



    たぶん、かなり難しんじゃないかな。
    このことからおそらく、場所と時間は対で
    場所の反対は時間だと思う。

    こことあそこを区別するために、場所の違いが意識できなくてはならなくて、そのためには、距離感として時間(という概念)が必要。


    逆に

    時間を意識するには、状態が変化する必要がある。
    (なぜか場所がないと時間が変化できないんです)


    時間って何で強制的にすすみ、なおかつ1方向なんでしょう?

    タイムマシンって知ってますよね。
    もしみんなが好きなように時間を移動できてしまったら
    時間なんて先に進もうが関係ないし、
    特にやることもなくなっちゃいますよね。

    つまり時間の制約がなくなっちゃうんです。


    場所もどの場所もすべての気候を感じるというか
    光も音も温度もあらゆるものが同じ場所から発し同じ場所に届くという、なんかうるさそうなうっとしそうな状況です。




    つまり 場所 = 時間 ということ


    実際、一般に 宇宙のスケールだと 〜光年という
    距離と時間を合わせたものさしを使っているし、
    それほど的外れではないと思う。

    この世って、時間を意識するために、場所(変化)を意識するために
    あるんじゃないかな。

    類似コンテンツ
    この世の基本要素とは?
    一元論・二元論〜対極にある物も感じるセンス


      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    コメント
    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/324849
    トラックバック
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ