成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
フックの法則実践編〜道具〜脳の仕組みと相性ぴったりのツールとは? >>< | TOPページ | ><< アンテナの法則〜五輪の書〜観るという感覚を身につける!
フックの法則実践編〜説明するときは〜理解しやすい説明のコツ!!
0
    フックの法則とは、
    今あるフックに次々とひっかるイメージで
    知識がつながっていく状態を表していると表現しました。


    今回は、説明するときにこれをイメージすることで
    どのようなメリットがあるかを説明していきたいと思います。


    フックに引っかかる次のフックは
    やはりそばに持っていかないと引っかからないわけです。

    つまり、近いフックや合うフックであればひっかかるんです。


    説明するときや、プレゼンするときも、
    この同じイメージで理解できます。
    まず、
    1)相手の状況として理解度を意識します。
    2)目的の理解度までのパス(ルート)を意識しながら、
    3)ひとつづつ相手の理解度に合わせてちょっと横のフックを引っかけます。
    4)これを繰り返し相手の理解を進ませて、
    目的地に到達する手助けをするわけです。


    このときに、焦ったり、面倒に思って先を急いて、
    離れたフックをかけようとしても引っかからず、
    結局時間がかかったり、たどりつけなくなるんです。


    ここで得られることは
    どんなに正しいことでも、相手に合わないと意味がありません。
    つまり、相手に話し手が合わせる必要があるということです。


    こういうことを自分でセルフチェックするのに
    フックの法則と相性のいい方法があります。

    それはまた、次回に!



      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    コメント
    -------
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/174282
    トラックバック
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ