成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
成長する人は一生懸命 >>< | TOPページ | ><< 成長する人の条件は素直さ
Category:成長のたね
成長する人は自分の責任で行う
0
    なぜ、自分の責任で行うことが成長につながるのか?


    それは世の中の仕組み上、動かせるのは自分だけだからです。自分を動かせば良くない状況でも、すぐ改善できます。
    人のせいにしたり、環境のせいにしたりしても結果は変わらないのです。
    また、次に同じようなことが起きた時も何も変わりません。また、ぼやくだけです。

    自分を動かすことが、今出来ることなんです。

    なかなか、納得できないかもしれませんが良い結果を求めるのであれば、自分が変わるのが一番早いです。
    それとも自分のせいじゃないと認識してまた、悪い状況に陥りますか?

    それがあなたの望むことでしょうか?



    実践するコツとして、自分や後輩にも教えてるとってもスカッと実践できる方法を教えます。

    「自分だけそのときに戻ったとき、どうすればよくなるか」 を考えることです。
    これだと、人のせいにしないでしょ?

    品質や改善での技術

    以下の本に書いてある通り、成長を続けている会社は、明らかに環境のせいにしていません。もしそうだとしたら、潰れちゃいますからね。


    V字回復している会社も、自分で出来ていなかったことを認めてからやっと改善されることが多いです。自分で今できることを見つけては、実践していく・・・。

    その積み重ねが個人の成長、会社の成長、そして社会の成長につながっていくのではないでしょうか?

    今の日本もそうではないでしょうか?首相のせい?社長が悪い?警察が悪い?官僚が悪い?景気が悪い?

    そんなの関係ない!!

    ぜひ、連帯責任という概念を悪く使わないで、みんなで会社や世の中をよくしていきませんか?

    最後にJ.F.ケネディ大統領の就任演説を引用します。
    ask not what your country can do for you
    -- ask what you can do for your country."

    演説最後の方にちらっと出ます。


      ranking 投票
    -| trackbacks(0)|
    この記事のトラックバックURL
    http://bijiblog.edutainment-fun.com/trackback/1057953
    トラックバック
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    最新記事
    月別アーカイブ

    かってにリンク
    役立つ仕事術
    あの世に聞いた、この世の仕組み
    ふじながたかみの日本御臨終宣言
    Art Of Awareness
    クリシュナムルティ
    堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
    分裂勘違い君劇場


    このページの先頭へ