成長のたね

学んで成長したいと思って
常日頃考えてたり、やっていることを
共有できたらいいなと思ってます。

そんなかんじのコラム日記です。

〜自己啓発やビジネス書という単語を聞くとわくわくする人向け〜
(いとちのブログ)
(管)
思わずついついの法則
0
    条件反射やパブロフの犬っていったら、今回はもう何の法則を言っているかわかりますよね。


    人間って条件反射で結構動いているんです。論理的に考えて動いているのではなくて、何かをしたらいい方向に向いたら快としてインプットし、悪い方向に向いたら不快としてインプットするんです。


    何をしても不快になったら、人は歩みを止めます。いわゆるあきらめ状態・無気力状態です。

    何も決めないで決断が遅いのは、決断する反射神経がないんです。
    (がんばれば鍛えられますよ♪)

    子供でたまにいませんか?全く何も反応しないような子。これは、子供の言うことが全く反映されない中で生活していることを表しています。

    続きを読む >>


      ranking 投票
    comments(0)| trackbacks(0)|
    快と不快の法則〜悪い習慣を防ぎたい・ダイエット・禁煙〜
    0
      ダイエット、禁煙、禁酒、ギャンブル、麻薬や2度寝!?などついつい悪いと思いつつやってしまいますよね。

      このときはそれ自体が快楽の方向なので、バツを増やす方向で対策を練ってみます。



      単純に罰を与える方法もあるのですが、先程まで話してきたやる気を利用しちゃいます。ものや知識はいい方向にどんどん利用しましょう♪

      やる気って、めんどくさいものには出ませんよね。脳がパワーをセーブするんですね。そこを 思いっきり突き!!ます。


      つまり、これらの快楽に面倒さをセットにします。ダイエットであればまずは夜食したら必ず、外出て郵便ポストをタッチするとか。カロリー計算をする!とか(めんどくせー)。

      慣れてくるとたぶん、セットでしないと済まずにはいられなくなって、
      ついに面倒になるから夜食も回数が減ってくるとかの効果を狙ってます。(うまくいきますよーに)

      結構いい案だと思いますが、どうでしょう?


        ranking 投票
      comments(0)| trackbacks(0)|
      快と不快の法則〜やる気の仕組みを活かす〜
      0
        脳が力を出すのは、快・不快のときです。もう少し具体的に言うと、、成果が見えてそれが労力に見合っているとき、または、緊急な時(これをしないと怒られるとか、恥ずかしいとか、死ぬ時!?)

        つまり、せっぱつまって、締切効果を使う方法があります。良く勉強法でこの効果をうたっているものがありますね。

        もうひとつは、成果が見えてないからやる気が起きない、または失敗が目に見えているときなんです。このときは、計画が大事です。または成果を見える形のものに置き換えるんですね。


        先が見えない時は、大計画、中計画、小計画と段階を作って、できそうって脳を説得するんです。

        また長期にわたるような習慣的なものは先が見えないので計画は立てずらいですよね。そういう時は「見える化」の技術を使ってください。
        例えば、進捗度に合わせて棒グラフを書くとか、シールをぺたぺた貼っていくとか、単語の勉強してきたあまり紙を全部取っといて、これだけやってきたと自分に見せつけたり。


        意外と陳腐のようで効果てきめんです。


        これは、積み上げタイプの建設的な方向です。
        一方、ダイエットや禁煙系ではちょっと違います(まあだいたい同じだけど)。

        次回へ!! 快と不快の法則〜悪い習慣を防ぎたい・ダイエット・禁煙〜


          ranking 投票
        comments(0)| trackbacks(0)|
        快と不快の法則(2)〜勉強できない!!のはなぜ?〜小さな脳の大きな使い方
        0
          勉強をする方向でまず対策を練ってみたいけどなんか。。。すすまない。。。
          っていうことよくありますよね。


          このとき、そこそこやる気はあってすぐ寝る気はないけど、


          続きを読む >>


            ranking 投票
          comments(0)| trackbacks(0)|
          快と不快の法則〜人が突き動かされている物〜小さな脳の大きな使い方
          0
            人は何に突き動かされているか知っていますか?


            快と不快です。
            (まあ、おおざっぱに言うと欲と恐怖です。)

            欲とは、食欲、睡眠欲、性欲と名声や承認の欲求です。
            反対は、怖れや恐怖、痛みなどです。

            #欲求の段階の話や恐れの種類などの説明は今回は省きます。
            #これら自体に、善悪はないのですが、使い方次第で善悪になります。


            続きを読む >>


              ranking 投票
            comments(0)| trackbacks(0)|
            フックの法則〜ストーリだと覚えやすいわけ〜
            0
              物を覚えるときは、
              ストーリを作ると覚えやすいということを
              よく聞きませんか?


              記憶術の本や、勉強法の本にもよく書かれていますよね。



              なぜ印象に残ったり後々まで、
              覚えてられるのでしょうか?

              続きを読む >>


                ranking 投票
              comments(0)| trackbacks(0)|
              アンテナの法則〜盗人にも五分の理に陥らない考え方〜小さな脳の使い方
              0
                もうさらっと導入は飛ばして、
                今回もことわざと絡めます。


                今回は

                盗人にも五分の理

                です。


                どんなに悪事を働いても、理由はあるというもの。


                アンテナの法則を理解していれば、
                そりゃそうだとおもいませんか?


                自分の不幸や、周りのせい(他責)に焦点を当て
                必死に正当化しようとしている状態です。


                これの良くないところは、
                続きを読む >>


                  ranking 投票
                comments(0)| trackbacks(0)|
                アンテナの法則〜人のふり見てわがふり直せ〜自分の性格を直すチャンスを活かそう
                0
                  これも、部下や同僚の長所に対する
                  対応の仕方と全く同じです。


                  人のふりで いいことであれば、
                  感心したり、客観的に見た今の自分の感情を理解して覚えときます。

                  逆に悪い行いを見たのであれば
                  同じように、やっちゃいかんと
                  日ごろの自分や、客観的に見た今の自分の感情を理解して覚えときます。

                  つまり、せっかくいいタイミングに出会ったのだから
                  いい行いや悪い行いであろうとも
                  柔軟にアンテナを立て、積極的に自分に役立てましょう。


                    ranking 投票
                  comments(0)| trackbacks(0)|
                  アンテナの法則〜対人関係(長所)〜短所や長所が気になる人との接し方
                  0
                    前回、子供の長所についてアンテナの法則を書きましたが、
                    今回、同じ方向性ですが、部下や同僚について違う角度で
                    アプローチしていきたいと思います。


                    近くに、良い意味でも悪い意味でも気になる人いませんか?
                    それは、自分が気になっていることや意識していることに
                    アンテナが立つから気になるんです。

                    さらっというと、自分はどういう人間かを知るために
                    そういう状況が目の前にあらわれてくるようになってます。


                    自分がどうでもいいと思っていることだったら
                    気になるってことはないのでは ないですか?


                    こういうときって落ち着かないですよね。
                    ほんと。

                    で!どうすればいいかというとお勧めの方法を
                    教えちゃいます。
                    続きを読む >>


                      ranking 投票
                    comments(0)| trackbacks(0)|
                    アンテナの法則〜子育て(長所)〜我が子にいらいらしてしまう原因とは?
                    0
                      アンテナの法則と子育てについて
                      今回は考えていきたいと思います。


                      「子育ての何に結びつくの???」と
                      いぶかしげる方もいるかもしれません。


                      なかなか、重要な意味があると思うので
                      ぜひ紹介させてください。


                      続きを読む >>


                        ranking 投票
                      comments(0)| trackbacks(0)|
                      << 2 >> (全:5 )
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      最新記事
                      月別アーカイブ

                      かってにリンク
                      役立つ仕事術
                      あの世に聞いた、この世の仕組み
                      ふじながたかみの日本御臨終宣言
                      Art Of Awareness
                      クリシュナムルティ
                      堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
                      分裂勘違い君劇場


                      このページの先頭へ